TEL 0797-81-8461
予約優先・各種保険取扱・急患随時受付
Dental Clinic SANTA CRUZ the TAKARAZUKA
デンタルクリニック サンタクルス ザ 宝塚 院長のブログ

2018/01/06

あけましておめでとうございます🎍

IMG_2546.JPG

皆様、こんにちは。
あっという間にお正月が来て、サンタクルスも日常の診療スタイルを取り戻しつつあります。冬休み中の息子を連れて診療を行っている日もあり、皆様にはご迷惑をお掛け致しております。ご理解いただけますと幸いです。

さて、今年のお正月は、長男のリクエストで初日の出を拝みに行ってきました。と言っても自宅から1分のところですが 笑
少しずつ昇ってくる太陽を眺めながら、来年はどうしようか・・・と薄ぼんやり考える自分がいます。結論もですが、答えはなかなか出ません。

まずは健康であること、笑顔でいること、そして前向きでいられるようにすること・・・

そして、たくさんのことに向き合って、自分ができることと、できないことをシビアに見極められるようにしたいと思います。

今年は、長男が6年生ということもあり、診療への影響も不可避とは予測しておりますが、ご迷惑をおかけしないように努力します。

では、皆様にとって素晴らしい一年となりますように。。

2017/10/10

ご案内とご報告も少し ^^

blog1010.jpg

ようやく運動会シーズンも終盤を迎えて、秋に突入ですね。
私も先月末は、土曜日の度に運動会があり、診療を休まざるをえない日が多くあり、皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。
この場を借りて、ご理解いただき感謝いたします。ありがとうございました。

さて、今日は、午前中に宝塚市の休日診療所へ出務して参りました。
患者様の人数は、多かったり少なかったり、日によってばらつきがありますが、今日は10名の方が来医院されかなり延長しました。お待たせしてしまった方には申し訳ございませんでした。いつもと違う器具を使い、いつもと違うメンバーでの治療は、自身の診療所で慣れている私にとってはやはり慣れない場所であります。
年に数回、お当番が回ってきますが、「あ、、あの道具ないかな、、、ないか、、、」という瞬間も多くあり、少し改善が必要かなと感じます。
やはり、道具で痛み方や感じ方もだいぶ変わってきますので、日々進歩する技術に私もついていかなければな、と痛感しました。

サンタクルスでは、新しいメンバーが勤務しています!
今回、新しいメンバーをずっと探していましたが、今回はとても応募が多く、約20倍の倍率をくぐり抜けて決まったメンバーとなりました。既に数回、一緒にお仕事をしましたが、スピード感があり勘が良い方でとても嬉しく思っています。たくさんの方にご応募いただき、皆様それぞれに色々な経験を重ね、たくさんの勤務先から当院を選んで下さって本当に感謝しかありません。皆様が、それぞれの場所で生き生きとお仕事ができる環境に巡り会えますように、心からお祈りしています。

次に、サンタクルスでの衛生処置において、現在までとシステムを少し、変更させていただきましたのでご報告させていただきます。
より清潔に、衛生的にという目的、そして、自分の歯ブラシを持ち歩く習慣をスタンダードにして頂きたいという想い、、そして、何より、私たちが受けたいサービスを考えての変更です。システムを変えるのは、本当にパワーがいる、、と思っていましたが、意外とすんなり受け入れてくださり、皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
まず。
衛生処置で使用する歯ブラシは、ご購入をお願いします。
当院で扱う歯ブラシは、ラピス社のコンパクトツインという製品(160円)、ライオン社のシステマという製品(350円)がメインです。
GC社のルシェロというものも在庫はございますが、衛生処置では現在使用しておりません。
この歯ブラシは、初回ご購入下さった方に、歯ブラシケースを無料でプレゼントしております。とてもスリムで幅をとらず、清潔に持ち運びができるのでオススメです。
メインテナンスの度に、ご自身の「my歯ブラシ」をご持参くださっても良いですし、特に治療中の方におかれましては、毎回お持ちいただけると幸いです。
ご不明な点等、ございましたらスタッフまでお問い合わせくださいませ。

最後に、今日、仕事を終えてから芦屋浜で息子とバスケットボールをして、帰り道に西宮浜のaquaといカフェに行きました。初めての場所でしたが、今の気候だととてもテラスでのお食事が心地よく、とてもリフレッシュできました。
ふと見ると、写真のような看板が。あ、求人してるんだーと思いながら眺めていました。なるほどなーと。お仕事、どんな職種であっても共通することは同じですね。
何かをするってことは、山あり谷ありがつきものですし、それに直面した時にどうやって工夫して乗り越えるか、が大切なんでしょうね。
いつも正解ばかりじゃないので、悩みながらですが、私も負けずに頑張ろう〜と思ったお休みでした。

年末まであと2ヶ月半、皆様寒くなってまいりますが、ご自愛くださいね🌟

2017/07/30

1枚の絵から

IMG_7668.jpg

過渡期の6月7月がようやく明日で終わろうとしています。あっという間の期間でした。
小学生になった次男も、生活に慣れてきたようで昨日の家庭訪問でも特にこれといった問題点もなく平和に過ごせたことをまずは感謝しなければという内容でした。
5時半起きじゃなくていい、というだけで有難く。。とは言っても、しなくてはいけないことはなくならず、、また別の忙しいことが増えてみたり。まあそんなもんですね。

1学期を終え、息子の自由帳を見ているとふと写真のような絵を見つけました。

なんかいいな。と思い、これ、誰を描いたの?と聞くと、んー、誰でもない人 笑
と言っていました。
私もよく、誰でもない人を自由帳に書き記したりしていたことを思い出しました。何かの影響を受けながら、作風って変わっていくんでしょうけれど、息子のこの絵のタッチは何に影響を受けたのかなあ。普段は、ドラえもんとオバケのQちゃんがほぼほぼの愛読書なので、とっても不思議です。
私なら、まず、顔の輪郭を描いただろうと思うのですが、それが無い。これ、輪郭があれば普通の絵に見えただろうか? と思ったり。

自分に無い感覚を持っていたり、発想ができることであったり、それを形にできる力があることだったり、自分との違い、を良いな、と思える感性を無くさずにいろんな分野でその感性を応用できていたいなと思いました。
逆に、自分の感覚が絶対的で、他人に対して、こうあるべき!と押し付けることの無いようにしなくちゃなと思いました。
彼の中にある、自由な感覚とか私には無い視点を、良い方向へ導けるようにしたいなあと^^

スタッフやお友達や患者さん方とのコミュニケーションの中でも、相手との違いを認めることだったり、相手の良い部分を見出せる感覚を自分の中で育てたいと感じました。

いよいよ8月ですね。
バテないように、頑張りましょう😊

2017/05/23

やるかやらぬか? 

kakugen.jpg

こんにちは^^

先日、久しぶりにセミナーに参加してきました。
新しい虫歯予防のシステムのお話です。虫歯を作らない、そのためにできることは何なのか?
理想を現実のシステムに落とし込むには、何が必要なのか?
当院は、女性の患者様の次に多いのがお子様の患者様です。
最近は、虫歯も減っている。。と聞きますが、正直なところ、虫歯の全くないご家庭と、虫歯がたくさん。。のご家庭と2極化の現象が起こっているように感じています。
何が違うのか? どこに着目して、どんなアプローチをすれば虫歯が減り、健康な口腔管理維持ができるのか?
虫歯も歯周病も生活習慣病です。
どんなものを食べ、どんな風にケアをして、、、その積み重ねが、結果となるのです。

よく、「磨いている、と磨けている、は違います」と言いますが、まさに上の写真と同じ、すべきことは理解していても、それを実行に移すかどうか?そこがとっても重要だったりします。

私もいつも思います。自分ができていると思っていることは、果たして本当にできているのか?
自分が正しいと思っていることは、果たして本当に正しいのか?
ベストを尽くしていると思っているけれど、これが限界なのか?

育児をしていても思います。
果たして、私が子供達に良かれと思ってしていることは、本当に良いことなのか?
将来のため、生きる意味を探すため、、、

そういえば、今朝の一言、
出発の時刻までに「5分しかないから行ってくるね」と言う次男。
一方、「まだ3分あるからまだゆっくりしとく」という長男。

結局は、どちらも電車には間に合ったのです。結果は同じ。
でも、二人ともアプローチが違い、物事への捉え方が違う。

要は、母親としての育児の方法は多種多様で、子供のために、という目標は皆、それほど大差がないだろうし、
虫歯予防のためにどうあるべきか、の方法も多種多様で、世の中の歯医者さんや、お母さんたちも同じように虫歯を作りたくない、という思いは大差がないだろうと思うのです。

どんなアプローチの仕方を選ぶのか?

その人次第、なんだろうと思います。
人が、行動に移すには、何が必要か?

きっと、心を動かされる「何か」があるか、ないか。

そこなんだろうと思います。

その「何か」を、提供できるプロで居られるかどうか?

明日も頑張ります。試行錯誤しながら、一歩でも進めますように♥︎◟⌣̈⃝◞♥︎

2017/05/08

beetle

beetle.png

あっという間にゴールデンウィークも終わってしまいましたね!
このお休みは、体を動かしたお休みでした!近場で汗を流して、普段の運動不足を解消、、、しきれていませんが 笑

ランニングしたり打ちっぱなしに行ったり。久しぶりにバスケットもしました。と言っても、近くの公園でシュート練習しただけですが。普段、首〜肩が凝っていてどうにもならないので、少し動かさなくちゃダメだなと。
なんでも、バランスが要りますね。仕事ばっかりでも、遊びばっかりでもダメ。閉じこもってばかりでもダメ、外に出なくちゃいけません 笑

今週末は、久しぶりに歯の勉強会に参加します。
子供の予定に振り回されて、自分にかけていられない日々を過ごしていましたが、久しぶりに自己研鑽です💖

さて。
写真のカブトムシ。
私の恩師にいただきました。なんでも裏庭で捕獲されたらしく。
5〜6匹いただきました!次男と一緒に育ててみようと思います。夏には、、カブトムシくんに会えるかな??
私と長男は虫が苦手ですが、次男は、かわいい!!触りたい!!と、興味津々。

息子の興味を上手に育ててあげられるように、頑張ります。

では、新緑の五月!
みなさま、黄砂に負けず、ストレスに負けず、頑張りましょう^^q"

2017/02/01

ポポンS & love letter

popons.png

二月、ですね。早いものです。実感がないままに日常が流れている気がします。
長男の塾も、もはや新学年となり、一足早く春がきたような毎日です。長男はいよいよ五年生、次男は一年生です。
早すぎます。。
登校の練習も三月にはスタートさせなくては、と計画してみたり。春だから、旅行に行きたいと思ってみたり。
そんな場合じゃないという気もしたり。
年末から謎の蕁麻疹に全身悩まされ、皮膚科に行ったりしてましたが、最近ようやく緩解して快方に向かってきました。アレルギー検査もしましたが、全てマイナス! 何かアレルギー反応でてくれた方が気が楽なんですが 笑
結局、原因が特定できないと、「ストレス」という大きな括りで納得しようとする傾向にありますね。皮膚科の先生にもサラリと言われてしまいました。
そういえば、大学の入試の論文テーマは「ストレス」について書いてありました。もう21年も前なんですね。。(T . T)
昨日のように思い出しますが、そういえば面接の時に聞かれました、「大学に入ったら何がしたいですか?」「はい!スキーがしたいです!」 全くもって何のために岐阜の大学を選んだのでしょう、私 笑
あの頃は、ストレスなんてどこ吹く風でした。学校へ行って、帰って、夕飯作って、友達と遊びに行き、寝る、みたいな毎日。
両親のおかげです。感謝しています。。

さて、今年実は、不惑になる私です。
迷い・惑うことばかりの私ですが、もうそんなことは言ってはいられませんね。
息子たちにかっこいい背中を見せなければ、少なくともあと15年。。!ちょっと気合いを入れ直します。

そんなこんなで、次男に、「お母さん、寝る前にキッチンに寄ってね。絶対だよ。」と伝言が。
行くと、置き手紙。「ママ 今日 おつかれさん このくすりを えんりょなく たべてください」
遠慮なくとか、どこでそんな単語を覚えたのだ?!恐るべき6歳児。

こうやってストレスを緩和させてくれる彼らは、私にはポポンS以上の癒し効果があるのです。
次男曰く、怒ってる時のお母さんは、鬼ババア、笑ってくれる時のお母さんは天女さま ^^
そう言って笑っています。
まあ、今だけでしょうけれどね 笑

そういえば、この年末に滅菌システムをガラリと変えました。
タービンの衛生管理や、歯ブラシなどの管理方法をよりシビアにしています。だいぶ板についてきたので、スタッフの動きも変わってきました。

なんでもちょっとずつ、少しずつ進歩&進化

よし、できる。
よし、変わる。

明日も頑張ろう。 お休みなさい(๑ت๑)♡

2017/01/01

ニンニンニコニコ😀

IMG_4645.jpg


あけましておめでとうございます。
本年も、何卒よろしくお願いいたします。

昨年は、いろいろなことがありましたが、総じて平和に過ごせたかな、と思います。
スタッフが、無事にベビーを出産したり、また別のスタッフはご懐妊で今年出産予定であったり、またまたご結婚(๑ت๑)♡となったスタッフもおりました。息子も無事に入試が終わり、別のスタッフもお子さんの入試が終わり、皆、嬉しく幸せな話題に欠くことのない一年だったと思います。
医院としては、また新しい取り組みとして、LINEでの予約サービスの開始を行い、より皆様にご予約やお問い合わせを取りやすいシステムにも挑戦しつつあります。web予約も、稼働してようやく一年が過ぎましたが、まだまだ完璧!と自負するまでには至っていないように思います。もう少し、成長の幅はあるように感じています。
年度末には、新しい滅菌装置を増設し設備投資を行いました。まだ、スタイルの完成までには時間がかかるかもしれませんが、スタッフ一同、「自分が受けたい治療スタイル」を追求する姿勢を忘れず、新しいことにも積極的にチャレンジする気持ちを忘れずにいようと思います。まだまだ至らない点や、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、何卒ご容赦頂けますと幸いです。

この、滅菌装置ですが、院内感染の予防、様々なリスクをより減らすために導入を決めました。遅いくらいのタイミングでの導入だったかもしれません。悩みもありましたが、いろいろな助言と何より、スタッフが賛同してくれたことが一番大きいと思っています。
既存のシステムを変更していくということは、スタッフにとっては、実労働として必ず負担という側面を持ちます。そこで一番大切なことは、「何のために変えるのか」について意識の共有がなされているかがkeyです。どうすれば効率良く作業を行えるのか、患者さんに負担をかけずに診療を行えるのか、今、スタッフは皆がそれぞれの知恵を絞り、私たちのスタイル、を築いていってるところです。

当院の一番の魅力は、このマンパワーがとてつもないという部分だと思っています。今はまだ、変えたばかりで手探りです。でも、きっと、この「それぞれが考え、知恵を出し合い、決めていく」という、ごく当たり前かつ、なかなかチームとして実行することの一番重要な作業を地道に続けていくこと、この積み重ねが、医院を作り、良い方向へ変えていってくれると信じています。

時間はかかっても、どこに向かっているのか、についてブレないように、今年も頑張りたいと思います。

友人に、言われた言葉、FBの創始者の方の言葉だそうですが
「Done is better than perfect」

完璧を目指すよりも、今、していることを終わらせることの方が大切だ、という意味だそうです。
私は、友人に、君に必要な言葉だと思うと言われました。

どういう解釈だろうか、、と悩みました。私は、目標を高く掲げることが重要だと思っていたし、そのために今何をすべきか考え、選択し、実行することが大切だ、と考えていました。 でも、これは、良い側面を持っている反面、目の前のことがおろそかになっていたり、その目標が高すぎるあまりに忍耐することを放棄し、安易に諦めという形を選び得る可能性もあるという意味なのか?と解釈しました。実際のところ、コツコツと積み上げる作業や忍耐力が求められるようなことに取り組むことは、私にとってはとても苦手な作業でした。

目の前の課題について、真摯に取り組み、その課題をまずは終わらせるように地道に実直に取り組むこと。きっと私にとって、この一番苦手な作業をクリアできたなら? 違う世界が見えるのかもしれません。

今、自分が持っている視点を、1年後、3年後、、、と少し長いスパンで捉えられるように、変えてみよう。
今いる場所から、1メートル、2メートル、高い位置から眺められるような、自分の視点を別の場所に持って行ってみよう。
そうすれば、見えていなかったことが見えるのかも? 

そんな気がしています。


今年は、春から息子が遠方の学校に通学することになりました。息子にとってもですが、私にとっても、遥かに大変な挑戦になりそうです。おみくじには、こうありました、「万事に慎み、忍耐して進んでください」

よし、今年のキーワードは、「ニンニン(忍)!ニコニコ!」

笑顔を忘れず、今年も楽しくいきましょう ^^

みなさま、本年もどうぞよろしくお願いします!

能美陽子

2016/10/13

ドクターのご紹介♫


14570376_1135089976576647_2463780681206664001_n.jpg

ススキとセイダカアワダチソウが、秋らしく揺らいでいますね。すっかり夜は寒くなり、一年の早さを痛感しております。
この季節になると、京都に保津川下りをしに行ったことを思い出します。もう、10年以上も前になりますが、初めて、セイダカアワダチソウ、という名前の草花を知ったからです。いやはや、人生は駆け足です。

さて、今日は、夏に新メンバーとして加わってくださった、西角先生をご紹介します^^
まだ、患者様も御存じのない方も多くおられると思います。先生は、水曜日と日曜日、不定期でお手伝いに来てくださっています。西角先生は、実は私の高校の後輩だったりしますので、とっても可愛らしいのです。大学の頃は、剣道部でお勉強と部活動を両立されていらっしゃったようで、私とは大違い。。 とても真面目で頑張り屋さんの先生です。
今は、大阪の医院と当院、そして、大学にも席を残しながら、お休みも返上で日々研鑽されています。

私は、大学に残って研修を重ねたり、論文を書いたりするということを経験せずに開業医の先生のところで修業をしていたので、歯医者にもいろんな道があるなと本当に思います。今は、卒後は必ずどこかの大学に籍を残して研修をするのが必須ですが、私が卒業した頃は義務化されておらず、自由でした。 いろんな意味で、やはり10年は一世代違いますね。いやはや、人生は駆け足です。。。となるわけですね 笑

そして、西角先生がこられるようになり、「誰が先生かわからない。。。」というお声もあり、ドクターだけは制服をちょっとリニューアルしました。あくまでもみんなと同じ制服がいい、、とずっとそのスタンスで来たのですが、これもまた時の流れと共に、変化してみました。

みなさま、新しい私たちのクルー、西角かなこ先生をどうぞ宜しくお願いします♡

2016/10/02

今日感じたこと

ちょっと、真面目な話

今日、桂川の駅に聾者の方が白杖を持って立ってらっしゃいました。
長男は、「僕、何かしてあげた方がいいかな」と言い、私は「助けが必要そうだったら、サポートしようか」と答え、見守っていました。
電車が来て、のり口を探しておられたので、腕をサポートして、「もう少し右ですよ」とのり口までサポートしました。
その後、無事に乗り込み、京都駅で下車、たまたま私たちも一緒だったので、出来るところまでは‥と少し後ろから歩いていました。
京都駅は、とんでもなく人だらけ。そんな中、白杖を頼りにエスカレーターと向かっておられる様子だけれど、電車に我先にと乗りたい人ごみに揉まれ、エスカレーターから離れた方向へ‥
思わずまた後ろから、「エスカレーターですか?エスカレーターならもう少し左なので、ご一緒します」と言ってエスカレーターに乗りました。
ほっと一息、と思い、後ろを振り返ると息子たちがいない。あ!見失った!と一瞬焦ったのもつかの間、長男は階段を次男の手を引きながらちゃんとついてきていました。
その後、エスカレータを降りた後、点字ブロックの上を歩いて行かれる姿を見届け、私たちにできることは、ここまでかな、と見守っていましたが、その先には、点字ブロックの上に荷物を置いて立っておられる外国人の方‥。 ぶつかって、外国人の方は驚かれ‥大丈夫かな、と思ったけれど、おそらく、いつものことなのか、トラブルになることもなく、その方はきっといつものように人ごみの中に消えて行かれました。

車の移動がほとんどの私は、こんな風にサポートする経験もなければ、そんな姿を息子たちに見せる機会もなかったのです。
この後、点字ブロックは海外にもあるのか? 点字ブロックだけで、十分なのだろうか? 駅のホーム以外にも危険なところってあるよね、、、等、色々な話をしました。

昔、たまたま見たテレビで、聞いたのは、「声に出して、さりげなくサポートしてもらえるのが一番助かる」ということ。
本当に、私の声がけは正しかったのだろうか? あの方は、私のサポートは望んでおられたのだろうか? 間違っていなかっただろうか? いろいろと想像してみたり、内省しています。
あのテレビで聞いたことを、行動に移したこと、少しでもお役に立てていたのならと願います。


日本盲人会連合
世界の点字ブロックについて


されて嬉しいことを、自然にできる。助け合える世の中、それを当たり前のようにできるように、子供達に伝えていきたいと、今日は心から感じました。
皆様も、このブログを読んでくださったこの機会に、何か気づきがあればと願います。

2016/10/02

駅看板、ありがとう♡

16kanban1.jpg

今日から10月ですね。
運動会が延期になったところや、グラウンドの水を雑巾で吸い上げて強行した学校なんかもあったそうです。私は、長男の運動会は先月終わり、次男は2週間後の土曜日にありますので臨時休診を頂いております。何卒、ご了承ください。

さて、今日も子供の用事があり、京都の方へ出掛けておりましたので休診を頂いておりました。ごめんなさい。
普段、車で移動がほとんどの私ですが、今日は子供達もおりましたので電車で移動でした。
当院は、同じサンタクルスでも、自由にさせて頂いているので看板広告であったり、予約の取り方やホームページなど、実は独立しています。開院してからずっと、広告らしい広告を出さずにいたのですが、2年ほど前に駅看板を出す、ということになりご縁があって清荒神駅と山本駅に二つ出していました。
いろいろな理由や根拠があり、私なりにも色々な意味や想いを込めて出させていただいておりました。
何が正しいのか、どれを選べば正解なのか、沢山悩みましたが、最終的には、「駅看板をやめる」という選択を出しました。

私は、いつも色んなことを自分で決めて、決めたことに責任を持って全うすることが大事だと思ってきました。
でも、今回、色んな方の意見を聞き、スタッフとも話し、この結論に至りました。
正直、とっても寂しいです。サンタクルスが無くなる訳ではないのですが、看板を下ろすということが、なんだかとてつもなく寂しかったのです。
今日、息子たちと看板を眺めて、見納めをしてきました。
長男は、毎朝、学校に行く時にその看板を眺めて通学していたと思います。色んな思いがありますが、時間が経過して、あったものが無くなったり、無かったものが現れたり、そういうことが、生きていくということなんだなと、たかが看板一つでしみじみ思いました。あの看板を作るために、関わってくれた方、作ってくれた親戚のお兄ちゃん、、あの看板を見て、サンタクルスのことを知ってくれた方もおられるかもしれません。

とまあ、しんみりしましたが、もう一つ、この結論に至った理由は、前向きな理由です。
やっぱり時代の変化というものがあり、これからの5年先、10年先を想像した時、私は何を選ぶか、を冷静に見極めなくてはいけないと思ったのです。何かを選び、何かを手放さないといけない時、やはり一番大切なのは何か?を決めなくてはならない。
すべて手放さずに行けるのであれば、看板を出し続けていたでしょう。
でも、今回は、選び、捨てなければいけない状況であったということ。前を、先を見通すために今回の結論に至りました。

看板を出したい、と思っていた私のちょっとした夢が叶った2年間でした。感謝の気持ちでいっぱいです^^

そして10月からは、LINEを使った予約サービスや、サンタクルスからのアナウンスを発信していくプランを計画しています。
スタッフと、いろいろ考えながら、実行に移していこうと思います!お楽しみに(๑ت๑)♡

Profile

icon.gif

■Yoko NOMI D.D.S.

2008年7月オープン兵庫県宝塚市の歯科医院「デンタルクリニック サンタクルス ザ タ カラヅカ」の院長、ノウミ ヨウコのブログ。

2018/01

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Monthly Archives

▲ PAGE TOP